コペンハーゲンlife

コペンハーゲン暮らし

子連れでコペンハーゲンくる人に有益かもしれない情報を。

コペンハーゲンで日本食材を買えるところ8選まとめ

コペンハーゲン日本食材が欲しくなったら、どこにいけばいいでしょう?

ロンドンやパリといった主要都市には「日本食材店」が存在しますが、残念ながらコペンハーゲンにはありません。

代わりに、アジアンスーパーの一角に日本食材が置かれています。もしくは、日本食材に特化したオンラインサイトを活用することになります。

今回の記事では、デンマークコペンハーゲン日本食材を買いたい時に知っておきたい、日本食材が入手できるお店をご紹介します。

日本食材をおいている店舗

まずは実際に店舗があるお店を紹介します。掲載するお店は主なショップですが、これ以外のアジアンショップでも見かける場合があります。

Ume Asian Supermarket

コペンハーゲンに2店舗ある中華系のスーパーマーケットです。個人的には、ここが価格、品揃えの観点から使い勝手がいい気がしています。ウェブサイトから取扱商品を確認できます。特にこの地図の店舗には、鮮魚を置いてあるコーナーがあり運が良ければ高価ですが、お魚が手に入ります。

Den Kinesiske Købmand - Nørre Voldgade

Nørreportにある中華食材店です。駅から徒歩数分という比較的便利な立地にあるため、数クローネずつ他のお店よりも高い気がします。生鮮食材は少ないですが、一通りのものは手に入りますし、店内も明るく、入りやすいです。

Thai Asian Market

中央駅裏にあるタイ系の食材店です。中央駅の裏は、目の前にアフガン系のスーパーマーケットがあるなど独特の雰囲気がありますが、昼間でしたら女性一人で歩いていても大丈夫でした。このお店はこじんまりしていますが、日本食材が少し置いてあります。



無印良品

無印良品にも日本食材が置いてあります。無印PBのカレーやお菓子に加えて、無印がセレクトした厳選食材が陳列されています。日本で買っても少しお高そうだなあ、というふりかけや調味料、お味噌などが並べられているので、コペンハーゲンで買うと高価です。

ここまででご紹介したアジアンスーパーに並べられている食材が日本の一般スーパーで買えるものだとすると、無印に置いてあるのは成城石井紀伊国屋で売っているような食材のイメージです。

ただ、デンマーク人には馴染みがない食材も多いせいか、よく値引きシールが貼られています。

ゆかり 39kr. (≒800円)

日本食材をおいているオンラインストア

次にオンラインで日本食材が買えるお店をご紹介します。

Wakuwaku

オンラインの日本食材店「WakuWaku」です。デンマークにいながら、素晴らしい品揃えを展開してくださっています。私はまだ購入したことはないのですが、DKK399以上で無料配送が配送がついてくるようなので、まとめ買いに良さそうです。

Yoshiya(吉屋)

オンライン日本食材店の吉屋さんです。日本人とデンマーク人のご夫妻が運営されているようで、日本人の好みを分かってらっしゃるラインナップが揃えられています。こちらも在デンマーク日本人にはありがたいラインナップが揃っています。

yes.chef

オンラインのアジアンスーパーマーケット「yes.chef」さんです。プロが使うような調理器具を置いてあったり、品質にこだわった商品を置いてあったり、何となく普通のスーパーというよりは卸に近いイメージです。ご覧の通り、醤油だけでもこのような品揃えです。

Shochiku(ドイツ)

最後にご紹介するのは、ドイツ・デュッセルドルフ日本食材店「Shochiku」さんです。単品のお値段については、デンマークよりも安いです。国外発送をしておりデンマーク向けには13.5€で配送してくださいます。たくさん買う場合は、送料を負担してでも取り寄せた方がコスパがいいことがあります。

以上、コペンハーゲン日本食材を入手したい時のお店をご紹介しました。

個人的には現地で買うのは高価&種類に限界があるので、できるだけ渡航時に持参しつつ、一時帰国の時にまとめて持って帰り、それでも足りない場合は日本の家族に送ってもらっています。

どうしてもデンマークで買う必要があるお米(欧州産コシヒカリのゆめにしきを購入しています)や生鮮食品(お豆腐やキムチ、餃子の皮などを購入しています)が欲しい時に、アジアンスーパーを活用しています。

あとは、作れるものは作るというのも選択肢ですね。ただでさえ生活費の高い国なので、アジアンスーパーは上手に活用して生活していきたいものです。

物価の高いデンマーク、食費を節約しながら生活する方法

デンマークは全体的に物価が高いので、節約生活をされる方もいると思います。

今回は、生活費のうち主婦的には外せない『食費』について節約のために心がけていることを書こうと思います。

結論、デンマークのローカルスーパーで手に入る食材で料理をすれば、そこまで法外な金額はかからずに生活できると思います。

心がけ1. 自炊一択

デンマークはとにかく外食の値段が高いので、基本は自炊をしています。ラーメン一杯でも2,500-3,000円しますし、これは別にラーメンが高いわけではなく他のレストランでもこの値段からのスタートです。

日本にいるときは週末のランチは外食をしてしまうことが多かったのですが、今はそれもできていません。(冬は外に出るのも寒いし...)

外食をしたいときは、気分転換にテイクアウトを楽しんでいます。

テイクアウトは、タイ料理を頼んだり、Selfishさんでお寿司をいただいたりしています。

心がけ2. チラシアプリでセール情報をチェック

デンマーク国内のスーパーのチラシが載っているアプリがあります。

eTilbudsavis

スーパーで売られている卵やチーズ、パンなど定価とセール品がびっくりするくらい値段が違います。安い時に買いだめしている人をよく見かけます。

チラシは1週間ごとに配信され、週末に更新される場合が多いです。

デンマーク語で読めないのですが、チラシの下の方に書いてある日にちを見て、何となく推測していますw

↑このチラシは多分1月8日〜1月14日のもの

ただ、朝早く行きすぎると品出しが終わってなかったり、値段が変わってなかったりするので要注意。

心がけ3. 安く買える食材で作れるレパートリーを増やす

「日本人に馴染みがある食材」かつ「デンマークで安く買えるもの」で作れる料理のレパートリーを増やして、なんとか乗り切っています。

具体的に野菜であれば、じゃがいも、人参、玉ねぎ、トマト、きゅうり、キャベツ、きのこ(マッシュルーム)、レタス、ブロッコリー、長ネギ。

アジアンスーパーに行けば、大根、白菜、オクラ、サツマイモあたりも比較的手にしやすい価格です。

肉系は、牛豚鳥がありますが、薄切りはないのでひき肉、塊肉がメインです。

なお、ノルディックサーモンのおかげか魚が食べられると思われがちですが、魚は高級品なので我が家ではたまにしか食べられません。基本はツナか冷凍エビを食べていて、セールの時を狙ってサーモンを食べます。

心がけ4. 日本食材は高級品、作れるものは作る

アジア食材店に行けば一部の日本食材が手に入りますが、とっても高いです。乾物系など軽いものであれば、日本から郵便で送ってもらったほうが安いレベルです。日本では買っていたものでも、デンマークでは手に入らないものは作るしかありません。

・カレールー:スパイスカレーをつくる

・うどん:乾麺しか売ってないので、小麦粉と水と塩で作る

福神漬け:大根と人参、ナスで作る

・中濃ソース:ケチャップとイングリッシュソースで代用

他にも、Google先生に「〇〇(欲しいもの)+代用」で聞くと、海外在住民の叡智が広がっていますよ。

 

日本のスーパーだと、ついついお惣菜を買ってしまったり、プリンやシュークリームのようなプチデザートを買ってしまうことがありましたが、残念ながらデンマークにはそのようなものはありません。

一部のスーパーで出来合いのサラダやオーブンに入れるだけのミールキットを見かけますが、その金額出すなら自分で作るわ...という価格だったりします。

デンマークで節約しながら生活したい場合は、安い時を見計らってまとめ買いして、家で作るのが節約生活にはオススメです。

デンマークのメルカリ「DBA」の使い方と実際に使った体験談

DBAとは?

DBAとはデンマークの中古売買サイトです。デンマークのメルカリと紹介されることもありますが、どちらかというと「ジモティ」のような掲示板タイプのサービスです。

掲載されているジャンルは様々で、家具や家電、衣料品はもちろんのこと、おもちゃや日用品、自転車やはたまた家までもが掲載されてる場合もあります。

DBA 公式サイト

DBAの使い方

DBAを使うにはアカウント登録が必要です。名前や住所を登録して使い始めます。アプリもありますが、現時点ではデンマーク語のみの対応です。デンマーク語が不自由な場合は、ブラウザで開き自動翻訳機能を使うのがおすすめです。

●DBAで「買う」方法

以下の3ステップで商品を購入します。

 

1. セラーに問い合わせる

 在庫の有無、発送可否、状態等の気になることを問い合わせます。返信がないこともよくあります^^;

2. 金銭授受、品物の授受について決める

 品物を購入する意思があれば、支払い方法(Mobile pay、現金、銀行振込etc)と引き渡し方法(配送or直接の場合は日時)を決めます。

3. 品物を受け取る

商品を受け取って取引終了です。

●DBAで「売る」方法

1. 商品ページを作成する

 他の売買サイトと同じように写真撮影、カテゴリ選択、商品紹介文章を記載します。

2. 購入希望者からの連絡を受ける

 DBA経由もしくは登録している電話番号にテキストが届きます。

3. 金銭授受、品物の授受について決める

 支払いの受取方法、品物の引渡し方法(配送or直接の場合は日時)を決めます。

4. 品物を引き渡す

DBAを利用する際の注意点

デンマーク人の「Excellent」は要注意

購入したキッチン用品、事前に問い合わせたところExcellent!と回答が来たのですが、届いたものをよく見たら傷が目立つと言うことがありました。主観的な回答が返ってくる質問をするのではなく、傷の有無やこの部分が見える写真が欲しいなど、正しく状態を把握する質問が必要だったと学びました。

引渡しの日時、場所

基本的に治安がいいと言われるデンマークですが、対面でのやりとりが発生する場合は念の為、人通りの多いところで日中に行う、複数人で対面するなど自衛策を取っていました。

出品すると値引き依頼が来る

出品した商品に対して「XXkr.で譲ってくれないか?」のような値引き依頼が結構きました。結果的に出品価格で買い取ってくれる人に譲りましたが、出品者として利用する場合は価格交渉もありなんだと思います。

DBAであったトラブル

荷物が割れていた

発送してもらった荷物が、輸送途中に割れるトラブルがありました。配送中の事故は(配送を依頼した)バイヤーの責務とのことで、輸送会社への問い合わせや返金手続きの対応を行いました。届いた際の外装や包装状態も写真で送る必要があったのでご参考まで。

荷物が紛失した

こんな小さい国でどうやって紛失するの?という感じですが、購入したした荷物がなくなりました。Postnordあるあるだそうです。セラー経由で運送会社に問い合わせてくれて、運送会社→セラーへの返金を待って、セラー→私へ返金をしてくれました。

英語が通じなかった

引渡し当日訪問したところ、英語ができないおばあちゃんがいらっしゃいました!察するに、DBAでやり取りしていのは娘で、引渡しだけ母親に頼んだ模様でした。

約束の時間に取りに来ない

これは、あるあるなのでしょうか...約束の時間に取りに来ない人、いました。

DBA以外にもあるよ、中古販売サイト

Facebook Market

日本ではリリースされていないMarket機能がデンマークでは使えます。DBAと同じく掲示板形式なので、利用者同士のメッセージのやりとりで全て決まります。カテゴリは豊富にあり、DBAよりも素人が雑多に出品しているイメージです。(DBAの方が業者っぽい人を見かけます)

Reshopper

子ども用品とそのママ・生活用品に特化したアプリです。ベビー、キッズ関連の洋服屋玩具はReshopperの方が売れる&買える印象です。

 

他にも街のいたるところにセカンドハンドのお店があるので、のぞいてみるのも面白いと思います^^